1. 中小企業の経営を企業OBが支援します
  2. 中小企業支援

    中小企業支援
  3. 講演会事業

    講演会事業
  4. 新会員募集

    新会員募集
私たちにおまかせください
私たちにおまかせください 私たちにおまかせください 私たちにおまかせください 私たちにおまかせください

経営支援NPOクラブ 紹介動画


経営支援NPOクラブとは

平成30年 通常総会

経営支援NPOクラブ活動紹介

NPOクラブの支援内容と申し込み方法

 

お客様の声

ダイヤ工業株式会社 代表取締役社長 松尾 浩紀

医療用品製造及び販売。全国の接骨院、鍼灸院約27,000件に直販を行っております。

製品提供のみならず、製品開発に関する意見収集も同時に行うことが可能であり、そこで得られた情報をもとに新製品開発、品質の向上をスピード早く図る仕組みを構築しています。

海外にも積極的に商品を販売するための販促活動を行っており、現在17カ国に提供しています。

主力の商品はサポーター、コルセットであり、3Dプリンターから出力できる義手や、学との連携から生まれた空気圧人工筋肉技術を搭載した握力支援装置、歩行サポートスーツの開発にも力を入れております。

利用される方々が笑顔になるモノづくりという考え方を大切にしております。

2012年岡山県産業振興財団様が出展される見本市の委託運営を受けていたのが経営支援NPOクラブ様でした。その見本市に岡山県企業の一社として弊社も出展させて頂いており、その際に知り合ったと記憶いたしております。

現在は新規事業開拓の面において多大なサポートをいただいております。今までは既存のメディカル市場(整骨院、接骨院)を重点的に営業してきた我々にとって企業相手の営業は不明な点も多く苦戦をしいられておりました。しかしながらNPOクラブ様のご支援のおかげで各企業のキーマンと早い段階でお会いすることができ非常にスムーズに商談が進むことがあり大変有難く思っています。

株式会社エル・マジェスタ 代表取締役 阿部 志織

女性音楽家約100名登録する音楽事務所です。「生演奏を身近に」をコンセプト に各種企業様の周年行事やイベント、パーティー等に「オーダーメイドの生演 奏宅配サービス」を行なっています。女性音楽家が結婚しても出産しても活躍 できる場を創ってゆきたいという想いで女性に特化しています。 その中でも「ウーマンオーケストラ」という和洋楽器の融合によるオーケスト ラも運営しています。和楽器でビートルズを演奏したりするなど、海外からの お客様にも喜んでいただいています。

日本最大級の女性経営者団体「エメラルド倶楽部」のビジネスプランコンテス トに出場し、入賞したことがきっかけで経営支援NPOクラブを紹介頂きました。NPOクラブ会員の方々に森ビルや三井不動産など私の力で は到底出会うことの出来ない、お話すら出来ないであろう大手企業の方々をご 紹介頂き、常にプレゼンの場を作って下さいます。

お話を聞いて頂けるだけで も光栄なことなのに、高い確率で仕事に繋がっていくので本当に驚きです。今 まで築かれた皆様の人脈力・人間力にただただ圧倒されるばかりです。 人生もビジネスもまだ発展途上の私に、親身になってくださる皆様に感謝申し 上げます。

ウーマンオーケストラ  http://womanorchestra.strikingly.com/

新入会員の声

山本 一

私が、本NPOの関西グループに入ってから丁度1年を経過しました。技術畑(設計)一筋で電機品製造企業に勤務し、65歳で退職して悠々自適の生活でしたが、古い友人に誘われ、2017年4月に入会し、先輩諸氏の活動を手本にしながら中小企業支援の実務を勉強してきました。

関西グループは約20名の関西在住会員と3名の関東在住会員で構成されるグループですが、本部の大所帯と違い小さく纏まっていることもあり、さまざまな業種、業務経験を持つ皆さんと知り合うことができました。サロン的で自由闊達な雰囲気を感じ、居心地の良い、専門家の集団にめぐり会えたことを幸運に感じています。

最初は、関西地区での展示会や講演会に参加することから活動を始め、夏頃から四国地域の中小企業支援のプロジェクトに参画して企業を訪問してのヒアリング、展示会用PR技術資料のブラッシュアップに先輩会員と出張して実務を経験できたことは、大変な収穫でした。これらの実務は在職時の業務経験と通じるものがあり、また新しい技術の知見が得られることにやりがいもありました。さらに、知見を得た技術に関連する企業を紹介するマッチング業務を経験することで、支援している中小企業の市場拡大に役立てるような社会貢献活動に関わっている実感を持てることも分かりました。

NPO活動は、忙しい時もありますが、強制ではなくマイペースで自主的な活動がベースになっているため、精神的に余裕をもって日々を過ごせる有意義な活動と感じています。

今後共、自分が興味の持てる技術を探しながらNPO活動を続けて行きたいと考えています。

東郷 修

【1】自己紹介、出身企業でやっていたこと
IHIに入社以来の約40年間造船技師として生産性改善と海外技術指導に従事してきました。この経験を活かし、特に次の3点に力を入れていきたいと思っています。

  • 1.日本の中小企業の生産性改善指導
  • 2.海外経験(ブラジル5年、インド7年半)で学んだ事、考えた事を若い世代に伝える
  • 3.日本の中小企業の海外進出(特にインド)を支援する

 【2】当NPOクラブに入会したきっかけと入会してからの活動について

2015年の年末に7年半の海外生活(インド)から帰国し、その後の約1年のリハビリ?でやっと日本に慣れてみると又、「何かワクワクする事がやりたい」という私の“悪い虫”が頭をもたげてきました。「人の役にたつ事をする」という事がいかにワクワクする事かは、インドで充分体験していたので早速「ボランティア」と「NPO」のキーワードでGoogleってみました。私が思っていた以上に無数の活動団体出てきて目移りしてしまいましたが、その中に1つだけ何か楽しそうな団体のホームページが目に留まりました。そこには固苦しい活動だけでなく、楽しそうに囲碁やゴルフを楽しむ写真が添付されていました。私はそれを見て「ここが良い!」と即決し申し込んでしまいました。会員の皆さんの生き生きした活動状況や、折に触れ話される当NPOクラブの活動の在り方を学ばせてもらっている内に、「自分が楽しくなければNPOではない!」という事を理解し納得するようになりました。今では動機は不純でしたがこのNPOクラブを選んだ私の幸運を実感し、充実したNPO活動に参加させていただいています。

活動を共にしている会員の皆さんには心から感謝している次第です。

ページの先頭へ