1. 中小企業の経営を企業OBが支援します
  2. 中小企業支援

    中小企業支援
  3. 講演会事業

    講演会事業
  4. 新会員募集

    新会員募集
私たちにおまかせください
私たちにおまかせください 私たちにおまかせください 私たちにおまかせください 私たちにおまかせください

経営支援NPOクラブ 紹介動画


経営支援NPOクラブとは

17期 通常総会

経営支援NPOクラブ活動紹介

NPOクラブの支援内容と申し込み方法

 

お客様の声

株式会社元気アップつちゆ 代表取締役社長 加藤 勝一

東日本大震災と福島第一原発により疲弊した土湯温泉では、激減した観光客を取り戻すため、2012年に弊社を設立し、「土湯温泉地域の発展と振興及び地域貢献に資する事業」を掲げ活動している。中でも新たな観光資源として再生可能エネルギーを活用したエコタウンの形成を進め、地域資源である130℃の既存源泉を利用する「バイナリー発電所(400kWh)」は、本州唯一の発電施設である。また、砂防堰堤の落差を利用した「小水力発電所(140kWh)も全国の先進的な発電施設であり、全国から視察・研修の絶えない環境を生み出し、「新たな産業観光地」となっている。

また、バイナリー発電後の冷却水を活用した「つちゆ湯愛(ゆめ)エビ(オニテナガエビ)」

の養殖事業も軌道に乗り、温泉街に「釣堀」を定期的に開設し、土湯温泉地域の更なる活性化を目指している。

2014年7月に、森本理事の来訪をきっかけに「福幸プロジェクトツアー」を当地でも毎年、地域の現状を定点的に視察・研修をいただいております。

2015年11月には、「地方創生最前線 地域パワーで、まちづくり」と題した再生可能エネルギーフォーラムを開催いただき、数百名の方々にご参集いただいたことを忘れてはなりません。また、養殖事業やまちづくりのための様々なアドバイスを頂戴し、現在の土湯温泉地域の振興のため、今後のご支援をお願い申し上げる次第でございます。

http://www.genkiuptcy.jp/

株式会社兼廣 代表取締役社長 橋本 廣

当社は、建機および産業機械の部品メーカーです。

 

国内2工場・海外1工場を展開し、国内外の完成機メーカーへ部品供給を行っております。

設計開発から始まり、生産に至る切断加工・プレス加工・溶接・機械加工・塗装工程のものつくり一貫生産ラインを構築しております。

 

建機メーカーにおいては、グローバル化が浸透し、競争激化となる中当社も、更なる競争力強化が必要となる環境下に置かれる次第です。

 

当社の取組は、先端技術の導入に力を入れており、自動化・ロボット化を推進し、加工技術の向上と省人化による競争力強化を目指しております。

 

経営支援NPOクラブ様とのきっかけは、企業主催のセミナー会場にて、建機ご出身の会員様との出会いが始まりです。

 

当社のニーズを的確にご理解いただき、人材支援や公的機関のご紹介を頂きました。

大変感謝する共に、今後も更なるご支援をお願い致したく申し上げます。

https://www.kanehiro-inc.com/

新入会員の声

雫 二公雄

出身企業の日立製作所では、情報事業の新規事業開拓技術担当をしていました。次に招聘された企業では、ナノテク新素材開発(表面改質等)の研究開発を実施しました。その後大学・研究機関、企業の新技術事業評価を行う機関と、地域で活動する団体・法人を支援する中間支援組織(NPO)で、草の根支援も実施しています。元気一番がモットーです。

当クラブへは、知人から紹介がキッカケです。新技術の事業評価機関に在籍中であり、新事業には、事業評価と出口支援(実践的経営支援)が必要と感じておりましたので、躊躇なく入会しました。入会当初の1ヶ月間は、サロン・定例会への参加が中心でしたが、翌々月から中堅企業のブラシュアップ面談、展示会支援活動に参加させて戴きました。ブラシュアップや展示会支援を通じ、先輩会員の方々と一緒に出張させて戴き、実務経験を通じ新しい発見と気付きがあり大きな収穫となりました。得られた技術や知見を基に、マッチング活動に活かす事を通じ、中堅・中小企業の皆様の事業拡大と一助の社会貢献が出来るのではと、実感が持てつつあり、遣り甲斐を感じております。現在は、別組織活動もありますが、当クラブは自主性が主体ですので、多忙な時も精神的に余裕が持てますので、有意義な活動と感じております。

 

 

鈴木 清江

㈱三越伊勢丹で人事・教育や店長、部門長として店舗経営に携わってきました。

人事・教育時代には全社的品質管理運動(TQC)の事務局や人事賃金制度改革プロジェクト、女性リーダー研修、管理職研修、販売員研修等幅広く担当し、店舗経営としても都内店、地方店を経験してきました。

 

退職後は自ら実践してきた「人を活かすマネジメントによる業績向上」や「職場のより良い人間関係づくり」「女性として働き続けてきたこと」などを日本社会で求められている女性リーダー育成や若者キャリア支援に活かしていきたいと思っていたところ、会社の先輩に当NPOをご紹介頂き2017年夏に入会しました。

これまでの活動は大妻女子短期大学や高崎経済大学での女性活躍に関する講演や20名以上の会員で行っている「実務の達人」イベントで若者世代にこれからの女性の働き方等をマンツーマンでお話しするなどです。若者世代に実務経験から学んできたことを伝える機会が増え、また若者に興味をもって頂いたことはNPOでの活動のやりがいに繋がっています。思いがあっても個人ではなかなかできないことがNPOクラブという組織を通じて実現できることは入会の大きなメリットと思います。

 

 

 

 

ページの先頭へ