1. 中小企業の経営を企業OBが支援します
  2. 中小企業支援

    中小企業支援
  3. 次世代育成支援 講演会・セミナー

    次世代育成支援 講演会・セミナー
  4. 新会員募集

    新会員募集
私たちにおまかせください
私たちにおまかせください 私たちにおまかせください 私たちにおまかせください 私たちにおまかせください

経営支援NPOクラブ 紹介動画


経営支援NPOクラブとは

17期 通常総会

経営支援NPOクラブ活動紹介

NPOクラブの支援内容と申し込み方法

 

お客様の声

株式会社トップシステム 代表取締役 森 達雄

1.企業・団体紹介のPR
貴企業でやっていること等

弊社はワクチンや抗がん剤をはじめ、様々な医薬品製造に係る調製装置、培養装置、不活化装置等を製薬会社のお客様に提供しています。最近はバイオ医薬品の伸びが著しい状況にあり、お蔭様で弊社の受注量も増加傾向にあります。

 

医薬品関連顧客の多様なニーズに対して、安全、高効率、高精度の設備の開発・設計・製作・現地工事・品質保証・メンテナンスに及ぶ一貫したサービス・トータルソリューションの提供を会社の使命・企業価値としております。

 

平成29年10月には全社員の念願であった3階建ての新社屋が完成し、事務所、会議室、食堂も充実した大変働きやすい職場環境が実現しました。工場も冷暖房完備の快適な環境にあります。屋上からは北に瀬戸内海の絶景、南には石鎚連峰が眺望されるという風光明媚な場所にあります。

 

弊社はグローバル化の流れにも目を向け、中国への進出に続き、3年前にはインドネシアにも海外拠点を創設し、来年はさらにインドネシアにもう一箇所本格的な工場を稼働させ、ASEANエリアでの事業拡大を計画しております。

 

. NPOクラブとのきっかけと、活動についての感想等

3年前経営支援NPOクラブの青木様のご紹介で、NPOクラブ様とのご縁が出来ました。入会以来、今まで取引のなかった大手製薬会社への紹介、商談も頂き受注の機会も増えつつあります。お世話になっておりますNPOクラブの皆様方は、どなたも誠心誠意温かく弊社を応援して下さり、入会させて頂いて本当に良かったと感謝の気持ちです。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社田島軽金属 代表取締役 田島 正明

1.企業・団体紹介のPR、
貴企業でやっていること等

当社は、半世紀に渡り「砂型アルミ鋳物」の製造販売に取組んで参りました。

多くのユーザー様との出会いによって、技術や管理の両面に磨きをかけることで存続することができました。

 

その間、多くの方々のご支援・ご協力を頂き、新材料(アルミ基複合材料:MMC)の鋳造技術や、社内工程の安全性や生産性向上に向けた反転装置の開発と導入に取組み、他社への拡販も行っている製造業です。特筆すべきは、逸早く「木型メーカーとの協業」に取組み、同業他社の追随を許さない木型供給体制を構築致しております。

 

又、事業規模の小さい同業社同士の連携を果たすなど、他社に先駆けたビジネスを創造しております。

 

2.当NPOクラブとのきっかけと、活動についての感想等

特定支援会員として入会させて頂き、早15年になります。
既存顧客の売上が安定しにくいことを受け、販路開拓の必要性が迫っておりましたところ、足利銀行羽生支店の当時の次長から、貴クラブのパンフレットを頂いたのが始まりです。

初めての会議でPRの機会を頂いた日の記憶では、説明時間の2倍以上の質問攻めにあったことを鮮明に覚えております。

その後は、経験・人脈・知識をお持ちの皆様にご来訪頂き、ユーザー紹介のための同行訪問などをして頂きました。やはり極めつけは「地域中核企業創出支援事業」を通じた展示会の設営から新規顧客招致までのご支援に、心から感謝を申し上げる次第です。

 

新入会員の声

水谷正孝

1. 自己紹介、PR、出身企業でやっていたこと等

現在、68歳です。富士通で、主に大型計算機向け半導体の実装技術開発に35年間関わり、大震災の年の暮に退職しました。再雇用の誘いを蹴飛ばし、関係した会社に強引に技術顧問契約を結ばせ、薄給ながら、今も2社が残っています。このため、学会に所属し、毎年20以上の展示会を歩き回り、新情報を集めています。薄給以上の技術情報やアイデアを顧問会社に提供していると自負しています。
趣味は散策と旨い酒と肴を味わうことです。漬物は、自分で作ります。最近は、ホヤの塩辛・酢の物に凝っています。散策は、知り合いを誘い「江戸歩き」を年に6回ぐらいやっています。

2. 当NPOクラブに入会したきっかけと入会してからの活動についての感想

一昨年の11月に佐藤敏夫会員に誘われ、CDグループの定例会に見学者として、参加しました。そのとき、偶然、富士通の招致の話しがあり、対応することになりました。これが入会のきっかけです。
退職以来、個人的に展示会を回って、企業の話を聞いていたので、中小企業の為の経営支援NPOクラブの活動は面白いかなと思いました。2019年のインターネプコンで初めてマッチングをしましたが、これにはエネルギーが要りました。もう少し、楽にマッチングする方法や、中小企業の将来の事業を一緒になって考えることが必要と思います。

中田利通

1. 自己紹介、PR、出身企業でやっていたこと等

昭和28年生まれ、京都大学卒。司法修習を経て昭和54年弁護士登録。
渋谷法律事務所に入所し、大手では損害保険会社や不動産会社の顧問業務、バブル崩壊後は銀行の不良債権処理や倒産関係、その他中小企業や、個人の相続・不動産紛争などを中心に業務を行ってきました。
4年前に突然原因不明の全身関節炎に見舞われたのを契機に、渋谷法律事務所の業務は若手弁護士に任せ、自宅・病院に近い新宿御苑近くに中田利通法律事務所を開設しました。公職公務のほとんど辞退し、継続しているのは帝京大学法学部客員教授、裁判所の調停委員など。

2. 当NPOクラブに入会したきっかけと入会してからの活動についての感想

病気は1年で完治し、しばらくゆったりとした日々を送っていたとき、井料会員と知り合い入会しました。動機は、私の顧問先などにも経営支援を求めるニーズが多いこと、私自身の長年の弁護士経験で企業支援に貢献したいこと、そして活気あふれる先輩会員との交流を楽しみたい、その3点です。
現在は、Aグループ、Eグループ、および事業承継チームに所属しております。
いずれも様々な業種・個人スキルを発揮され、きめ細かな活動をされていることに魅力を感じております。
宜しくお願い申し上げます。

サイト内検索

ページの先頭へ