NPOクラブとは

理事長メッセージ

理事長 山口 浩利

理事長 山口 浩利

私たち経営支援NPOクラブは2002年6月に発足、同年10月に東京都に特定非営利活動NPO法人として認証されました。設立の趣旨は、企業で永年培った知識・経験を活かして中小企業・地方企業の経営支援のお手伝いと、同時にシニアパワーの活用と生きがいの創出に寄与し、自己活性化に繋げることを期待するものでした。

以来、ビジネス分野での社会貢献をボランティア精神で活動することを基本理念とし中小企業のお役に立てそうな相談事がないかの模索からはじめました。幸いにして関東経産局をはじめとして地方自治体やその公的支援機関、商工会、金融機関等々からの調査案件や事業評価や販路開拓支援等の委託を受けて逐次実績を積みながらその活動領域も関東地区から全国にも拡がり各地区の企業支援の経験をする機会にも恵まれました。

 

組織はスタート時の18名から16年余を経た現在は、会員数で210余名に、出身企業数も120余社に至っています。 会員は、ほぼ全業種に亘る企業からの出身者で、且つ、異なる部署/専門分野(人事・財務・企画・営業・購買・設計・生産分野等)の経験者からなるので立場が異なる視点からフレキシブルな評価が可能な組織といえます。

NPOクラブの個別支援案件担当チームは都度編成されますが、チームメンバーの複眼の視点を持つ強みを活かして、中小企業の最も希望する販路開拓支援(展示会場への顧客招致も含む)の実行プロセス(技術評価や商品目利き等)やその成果については概ね好評を得ていると思います。2017年度のご支援企業数は約750社・支援実績回数は2800余回に達しました。

組織は種々の、新規会員の入会による代謝の補強と、社会のニーズに応じて有志会員による研究会(勉強会)もタイムリーに発足し最新情報を収集整理して中小企業支援の有効な一助とすることも実行しています。 例えば①ヘルスケア研究会、②IOT研究会、③新素材研究会、④エネルギー産業研究会等であり具体例として先進プロジェクト案件でもその成果が活かされています。

日本の中小企業にとって足下の課題である労働生産性の向上のために、ITの導入や業務・生産工程プロセスの見える化と改善、多能工化の取り組みや、省人化設備(少量生産向け)の導入等々の経営課題の解決のお手伝いも販路開拓支援と並行して推進したいと考えております。

組織は社会貢献への気概を持つ会員の自由な活動を尊重しその達成感を大切にしていますので、企業の経営支援以外の事業として、NPO会員が講師として学校や教育機関に出かけての講演事業等による人材育成の次世代若者支援や、東北大震災を始めとする自然大災害復興支援活動の継続と新たな復興活動の取り組みも進めて参る所存です。

沿革と活動理念>>

ページの先頭へ