こども霞が関見学デー

未来に向かって何をすればいい?
実務の達人に、学校と仕事のつながりを、問いかけてみよう

ここはどんなコーナー?

夏休み期間中に子供たちに広く社会を知ってもらうこと、日本政府の施策に対する理解を深めてもらうこと、活動参加を通じて親子の触れ合いを深めてもらうことを目的とした取組が毎年実施され、今回はWebとリアルの併用で8月18日~19日です。
各省庁と、この取り組みに賛同する沢山のNPOや教育委員会、様々団体や研究所も参加します。わたしたちは、文部科学省に応募して採択されました。
ところで最近、家族や職場、学校でのコミュニケーションが希薄になっていないでしょうか。
ここは、「実務の達人」たちに、昔家庭で祖父母が孫たちと雑談をするような気のおけない問いかけがWebで、できるコーナーです。

どんな人が応えてくれるの?

わたしたちのNPOには、様々な業界の企業や行政、大学、団体の出身者が揃っています。
実務経験は経営、海外事業、戦略企画、販売、購買、研究開発、生産、物流、ICT・IoT、人事、財務、教育など幅広く、また色々な国の海外経験者達がいます。
「実業界の人財図書館」のようで、実体験をもとに応えてくれます。
下の表のテーマをクリックすると、動画が流れます。

テーマ番号 テーマ 業種
01 商社の仕事は世界が舞台 商社
02 みなさん、これからは技術立国だ 化学
03 車と社会のつながりを求めて 自動車
04 安全・安心な国造りを目指して 防災・建設行政
05 街づくりとホテルの話し 不動産・ホテル
06 ロボットがすごい。超大型無人ダンプカー 建設機械
07 病気を治す薬や健康食品について 医療食品
08 商売の決め手は、き・め・て・だ 金融
09 油圧ってこんな沢山の所で使われてるんだ 建設機械
10 世界に魚を捕りに行く 漁業
11 大自然の中で働こう 建設
12 世界を結ぶ翼にあこがれて 航空
13 毎日の食事のための冷凍技術 冷凍
14 工場で製品ができるまでの仕事の流れ 精密機械
15 グローバル時代の日本を支えるのは君だ ITサービス

どうやって問いかけるの?

タイトル「未来に向かって何をすればいい?」について聞きたい事を、下のアンケートで、質問してください。
もし、誰に応えてほしいか、ご希望があればリストの番号でおしえして下さいね。
(質問期限は8月20日迄です。電子メールアドレスを記入いただいた方に、メールでお答えします)。

アンケートフォームはこちら

「実務の達人って」どんな人で、どんな応えがありそうかな?

多種多様な企業で知識を習得し、経験を積み重ねて、それぞれの分野で活躍してきました。こうした実務経験に基づきチームで、全国の中小企業や地域の皆さんと一緒になって、売りモノづくり、売り先づくり、売り方のご相談にのっていて、人と人とのつながりの信頼で活躍しています。
このコーナーでは、次世代の担い手・若い世代の皆さんに、キャリア進路、学校と社会との関り、人生設計や、いまの社会変化について、どう理解したらいいのか、などについて、こんな見方もあるかもねと、といったように、もしかして、皆さんの世界を広げるお手伝いができるかもしれません。「あ~そうか、そうなんだ」と、気付きがあるかもしれませんよ。

「実務の達人たち」の「サイエンスアゴラ」という活動の動画

テーマ「実務の達人と~学校と社会と仕事のつながりを話そう」

科学技術振興機構が、毎年主催するイベントで、サイエンスアゴラとは「科学と社会をつなぐ広場」 という意味です。この企画で約20名の「達人たち」が、進路やキャリアにつき対話しています。

サイエンスアゴラの動画と取材記事はこちら>>

サイト内検索

ページの先頭へ